FXプラネット

FXで大きく儲けるにはどうすればいいのか? 素人が賢く儲ける方法

89 views
FXで大きく儲けるにはどうすればいいのか? 素人が賢く儲ける方法

FXの魅力は、知識や技術を習得してうまく取引できるようになると効率的に利益を得ることができることです。

成長企業が銀行に融資で事業で拡大していく株式市場のように、為替市場を舞台としたFXにも値動きの波に乗って大きく利益を狙うときにはレバレッジを使うことができるからです。もちろん、いい話だけではなく、レバレッジをうまく使えば大きな利益が発生する分、大きな損失が発生する可能性も考えられます。

 

リスクとリターンは常に平等な関係ですが、レバレッジをうまく使いこなすことができれば、リスクを抑えつつも大きなリターンを実現することも難しくありません。

今回はFX初心者が大きく儲けるにはどうすればいいのか、単純に技術に頼った話ではなく、FXで賢く資金を運用して稼げる方法をお伝えしていきます。

 

レバレッジという使い方次第で強力な武器になる仕組みを正しく使い、チャンスに大きく稼げるトレーダーになるためにも、投資としてのFXで資金を積み上げていけるようにしてください。

FXで儲かる人の割合はたった1割

FXで儲かる投資家の割合をご存知でしょうか。

投資の世界では勝ち組は極わずか。一部の人が大きく金額を儲けているものの、ほとんどひとが稼げずに終わり、その負けている人の割合は9割であり勝っている勝ち組のトレーダーは1割しかいないと言われています。

 

単純に上がるのか下がるのかの二者択一であることを考えれば、最低でも勝率は50%になるはず。しかし、ほとんどの投資家が勝率50%以上を安定して出すことができずに負けてしまっています。

年齢別に見る勝ち組

性別と年齢ごとにみて見ると、男性は年齢を重ねるごとに利益を出しているひとが減る傾向があり、逆に女性を年齢を重ねるとともに利益を出せるひとが増えるといった特徴があります。

簡単にいってしまえば、男性は年齢を重ねると下手になり、女性は年齢を重ねると上手になるといったひとが多いということです。もともと女性のほうが慎重な取引を行うひとが多く、逆に男性であれば無謀ともいえるような取引を重ねてしまうことが多くなります。これは家庭を持っているひとや経済状況により異なるかもしれません。

しかし、FXで儲けることが出来ている人は、全体で見るとわずか1割という実態を年齢という関係で見ていくと、年金の心配や家庭の経済的事情から取引が雑になっていることも背景にあるのではないか気になる結果になっています。

 

FXでは低所得者が負ける確率が高い?

FXでどれぐらい儲けることができれば成功と言えるのか?

その具体的な金額は、それぞれの経済状況や価値観により異なるでしょう。

しかし、FXで取引しているひとの職業と利益の関係から見ていくと、金融先物取引業協会の調査では高所得者ほど取引がうまく利益になりやすい傾向があり、逆に低所得者ほと取引が雑で損失ばかりになっているという残酷なデータが発表されています。

FXで勝つ人の職業

これは生活費までFXの証拠金として投資してしまったり、投資最大の武器である時間をまったく使うことなく短期的に儲けようと、計画性のないギャンブルのような取引になってしまうひとが多いからです。

「役職」や「管理職」に区分されるひとは約7割が利益になっており、「アルバイト」や「無職・年金・学生」「専業主婦(夫)」は低い傾向になっています。

世帯年収が高いほど利益の割合が増えるという現実は、初期投資金額やコネクションなど様々な要因があります。しかし、稼ぎたいという想いが強く出過ぎる低所得の人のほうが、焦りや欲といったメンタル的な部分で多くの障害が発生する可能性が高くなるのも事実。

 

だからこそ、慎重に取引を行っていかなければ気づけば資金がゼロになっているかもしれません。

FX業界全体で「負け組9割」「勝ち組1割」の理由

FXの世界では9割が負け、1割が勝っていると言われています。

なぜ言われているかというと、利益が発生している割合としてデータを取っているのはあくまでも最低限の利益(年間20万以上)が発生している人だからです。年間で利益になっている人のほうが少ないFXでは、1年間で20万円の利益を得ているひとのほうが遥かに少なく、発生しても年間を通してみれば損失になっていたり、資金を全損するひとも少なくありません。

 

集計された情報の中にはFXで20万円以下の人や損失になってしまった人の割合が含まれていません。つまり、実際にはもっと多く存在していると言われ、その勝っているFXトレーダーの割合が1割だけだと言われる所以です。

 

FXも投資ですから、年間や早くても数ヶ月で利益にすることを目標と考え、慎重に運用しなくてはいけません。あくまで1日や数週間で大きな利益を出したいひとは、パチンコや競馬などのギャンブルのほうが向いているのかもしれません。

 

大きく儲けている人は取引年数が長い人

大きく儲ける投資家

レバレッジは簡単にいうと他人のお金で取引できる、というようなものです。

証拠金取引はFX会社のお金を借りて自己資金よりも大きな取引ができるようなものなので、利益も大きくなりますが、当然損失も大きくなります。

つまり両派の剣なわけです。

 

FXで大きく儲けている投資家はこの仕組を上手に使って利益を増やし、下手な人は大きく損をしてしまっています。特にリスクをうまくコントロールできない初心者は、無意識に過大な取引をしてしまい失敗します。無意識なので気づくのが資金が溶けてしまった後だったり、気づけても問題行動を改善することができないトレーダーも少なくありません。

レバレッジはFXの魅力の1つですが、リスク管理というFXの要にもなる部分を始めたばかりのFX初心者ができるほど簡単ではないのも事実。そんな初心者が、レバレッジを大きく使わなくても利益を増やす方法があります。

 

それが「運用期間」です。

 

FXで大きく取引し、結果として大きな利益を得ている人は取引年数が長い傾向があります。最初は10万円しか資金がなくても、月3,000円でも少しずつ増やしていけば、1年後には13万6,000円になっています。

利益が積み重なれば資金が大きくなるので、一度の取引に使えるお金も少しずつ増えて次第に大きな利益を得られるようになります。なので、資金を全て溶かしてしまってFXの世界から退場するような事にならように取引を行い、しぶとく生き残ることが大事です。

 

雪だるまは、最初は小さな玉でも転がし続けると、どんどん大きくなっていくのは誰でもご存知だと思います。小さな雪玉が次の瞬間に巨大な玉になることは決してありませんよね。

少しづつ転がしていくことが大事であり、釣り人のように気長な「待つ」ということが大事です。FXもこれと同じで、最初は少額でも小さな利益を続けていくなかで資金が大きくなっていきます。利益の積み重ねそして、雪だるま転がしと同じように、どのようなところで転がすか、どうやって転がすかということが結果を左右します。平坦なところで転がしても労力の割に大きくなりませんよね。少し角度のある斜面を転がすほうが効率的ですし、時間を大きく使えばさらに効果的です。

 

だからといって、急な斜面を転がすとスピートが出て急激な大きさになりますが、壊れてしまう可能性も遥かに高くなります。雪質や斜面状況に応じてどれぐらいのスピードで転がすのか、この辺りのバランスが雪だるまを大きくするテクニックです。

FXでもハイリスク・ハイリターンで一か八かの勝負をするようなギャンブルではなく、投資家として運用計画をもとに長く続けながら、取引を淡々と続けていくことが資産を大きくするために必要だということです。

 

資金効率が良くても悪くても、長く続けていればいずれ資産は大きくなっていきます。

短期間で勝負しようという人はFXや投資に向いていないかも知れませんので、そういった一発勝負で大きな金額を稼ごうとするひとはギャンブルをしたほうがいいのかもしれません。

取引技術を確立してから元本(証拠金)を増やしていく

資産をFXで効率的に増やすためには、もう一つ方法があります。

もとになる玉が大きれば、より早く大きくできるのも雪だるまとFXは同じです。最初の資金を元本といいますが、元本が大きければ、同じ利回りでも収益金額は大きくなります。

しかし、最初から大きな玉を転がす技術を持っているひとは当然のことながらいません。だからこそ、最初はデモ取引という仮想の金額で練習し、取引に慣れたあら10万円など少額で取引を本格的に初めていきましょう。

 

この10万円で半年から1年、1つの手法に絞ってみて、それがうまく会得することが出来たと思った時点で資金に余裕があれば、元本を大きくするというのが最も効率的に資産を大きくする方法です。

 

それが難しい場合は、「運用期間(時間)」を多く設けて少しずつ、将来に向けての元本づくりから始めるようにしてください。

FXは投資の1つです。

投資家としての運用を前提の取引をできるように考えましょう。

 

あなたに合ったやり方で十分に儲けることは可能

FXの儲け方

FXの勝ち方は十人十色。勝ち組のFXトレーダーはそれぞれが自分に取引の武器になるものを持っており、このFX取引における武器がうまく使える場面で利益を得ています。

スポーツやゲームで得意技があるように、FXでもあなたが得意なもので戦うことが生き残る最善の方法であり、利益を安定させるための最善の方法といえます。

 

為替相場は100%の予測は不可能だと言われています。

各国の金利や経済状況、要人の発言に経済指標など流動性が高くマーケットの噂など様々な要因で多様な値動きを見せます。その全ての場面で利益を発生させようと考えるのは「欲張りすぎ」です。

 

そんなことができるひとは世界中を探してもどこにもいません。

FXでの取引はあなたが確率高く利益を得られる場面に集中すれば十分だということです。

野球のメジャーリーグに挑戦した日本人選手でも、イチロー選手と松井秀喜選手はまったく違うタイプのバッターですが、ふたりとも記録と記憶に残る偉大な選手なはずです。しかし、それぞれのプレイスタイルで活躍しました。

 

FXもこれと同じようにあなたのスタイルを作ることが全てです。

そして、あなた自身で考えた取引ルールを守り通すことで十分利益に繋がります。

もちろん最初は人の真似をすることから始めてもいいですし、当サイトでも紹介している値動きを予測しやすくする道具であるテクニカル分析などをうまく活用して、取引方法を参考にしても構いません。

 

大切なのは、あなたが利益が発生すると判断した取引スタイルを確立し、意地でもそのやり方で利益が発生する方法を考えることです。当サイトでは色々な分析方法を紹介していますし、検証動画もYouTubeにアップロードしているので是非FXで利益が出るように参考にしてください。

 

ひとつの取引方法に最低半年はこだわる

FXで重要なのはその取引方法に半年程度の長期間は徹底してこだわることです。

そうすることで、あなたの取引データが鮮明になるので損益や勝率がハッキリし、年間で利益が発生するのか判明します。FXは年間で利益にすることを考えて運用しなくてはいけませんので、たまたま負けて損失が発生したから、「今使っている手法は使えない…」と早々に見限ってしまうのは早計です。

 

あなた自身が取引を行い、その取引のデータが蓄積してどのように使うとうまくいくのか?あるいは失敗するのかが見えてきます。このデータがあなたの取引スタイルを作り上げる基盤になります。

 

まずひとつは、あなたの得意な取引パターンを見つけてください。

そしてそのためには安易にいろいろな方法を試すのではなく、ひとつのことをじっくりと検証して客観的にデータを取るようにしましょう。あなたの手に持てるのが右手と左手の2つしかないように、あれもこれもと相場に対抗する武器を手にしていては、その本領を発揮しないどころか逆に動きにくくなってしまいます。

 

そして、その取引データから分かる勝率や損益であなたの取引が利益になるのか鮮明に分かり、自身に繋がりますし、あなた自身の取引したスタイルを決める判断材料になります。

 

FXで最初に持つ武器を決める

FXで勝つ

先程説明したいように、あなたが必要以上に武器を装備してFXに挑んでも動きにくくなりますし、少し使ってすぐに別の武器にしては全く使いこなせずに終わってしまいます。

あなたが持てる武器は両手の2つなので、必要以上の武器を持とうとするのは危険です。

 

FXを始めようとしてインターネットや書籍を調べてみると、様々なやり方(手法)が紹介されています。元銀行ディーラーのようなプロの人や個人投資家もそれぞれが取引方法(手法)を紹介していたりしますよね。

しかし、こうした取引方法が紹介するコンテンツは、そのページを作るため本やブログのコンテンツを続けるために書かれているものも多くあるはずです。なぜなら、1人の投資家がそんなに何通りもの取引方法を使っているとは考えにくいからです。

頻繁にいくつもの取引方法を紹介しているひとの場合は、実際にそれを使う頻度とは関係なく、読み物として書かれていると思っていたほうがいいのもしれません。

 

確かに相場は色々な状況が発生しますので、さまざまなテクニックを熟知している方がうまくいくように思えますが、これは大きな間違いです。

 

誰もが儲けることができる相場はどのようなテクニカル分析を用いても勝つことができますし、ベテランでも難しいと思う判断しにくい相場状況ではだいたい何を使ってもうまくいかないもんです。つまり、どんな相場でも勝つことができる完全無欠のような取引方法は存在しないということです。

満遍なく勉強しすぎても万能なトレーダーにはなれない

FX初心者の段階では、何か一つ基本的な取引方法(手法)をみっちり習得することを心がけるのが1番の近道です。

これがあなただけのオンリーワンの武器になります。もちろん一つの方法だけだとうまくいかない場面も必ず出てきますが、初心者が他の方法に浮気しても結局遠回りする結果になります。

 

FXで100%を追求することは不可能なので、淡々と基本的な取引方法をひとつ極めることのほうが、FXの理解が深まりますし、収益にも繋がります。利益を出したい人は「すぐに取引」となる傾向がありますが、その前にFXを何も知らない人は最低限の知識を身につける必要があります。

 

何も事も同じですが、基礎をしっかりと理解してその世界を十分に知ることが儲かることへの第一歩になりますし、まずはデモトレートで実際の画面がどんなものか経験するようにしましょう。

どれだけ知識を蓄えても使うことができなければ、意味がありませんし、用途という意味では分析方法により運用計画も考え直す必要があるのですから。

 

FXで1割の勝ち組になる3つのやり方

FXで単純に1割の勝ち組トレーダーになるためには3つのやり方が存在します。

①勝ち組トレーダーの取引を真似する
 
②基本的なFXの知識と運用計画を明白に考える
 
③資金量によるリスクを下げた運用

FXはたた知識を蓄え、トレード技術を積めば勝てるようになるわけではありません。

為替市場に100%はないのですから、確率論的なところにまで落とし込んで利益が発生する可能性を最大限高める必要があるのです。「①勝ち組トレーダーの取引を真似する」というのは、やはり成功者のやり方を真似するのが1番の近道だからです。

車の免許を取得するときには教官の言われたやり方通りに運転したり、真似る。

学生時代なら誰もが教師の言われた内容をメモにとり、内容通りに復習したように、成功している人や指導者となるひとの取引を真似て吸収していくことが1番投資家としての成長速度は早くなります。

「②基本的なFXの知識と運用計画を明白に考える」については、最も投資家がやるべき中核であり、当たり前に備えておけば負けることないというほどの内容です。

取引に必要な最低限の知識と総合収益をプラスにできる根拠になる運用計画。

FXは投資なのですから、その運用計画を明白にしてながら増やしていくというのは王道的な利益の出し方です。そういった意味では、その過程を飛ばして勝ち組トレーダーのやり方を真似たりするのは邪道になるかもしれませんね。

 

「③資金量によるリスクを下げた運用」は、いわば大きな元本に対して少ない取引金額でリスクを抑え、利益を出す方法です。資金に余裕があるため負けることは少ないですが、逆にいえば無策にお金だけを使った取引を行うギャンブルのような運用には向きません。

 

全体の資金に対しての少ない取引金額でリスクを下げるやり方ですが、資金量が大きければ全体からみた取引金額もわずか数%で大きくなるため、利益も大きく膨らみます。

当然全体資金に対して利益を少なく感じてしまうひともいますが、リスクを下げた最も確実な方法だともいえます。

 

FXで稼ぐためにはこの3つかのいずれかは辿ることになりますが、成功している人が最も多く行き着くのは②の「基本的なFXの知識と運用計画を明白に考える」です。

初期元本による時間はことなりますが、投資最大の武器である時間を存分に使い、着実に利益を積み重ねることができます。

FXで成功しているひとは必ずといっていいほど一度は失敗していますが、それは失敗から学び活かすことができたからであり、多くの時間を使って成功までたどりついています。

 

あなたがまず考えなければいけないのは、どのやり方で儲けるのかというのことと、意識しなければいけないことです。

今すぐにお金が必要だからFXを始めるという心意気の人は必ずといっていいほど資金をすべて溶かし後悔しています。そうならないためにも、FX以前に投資とは何なのかを理解し、常に事前に考えた取引を実行できるように意識していくようにしてください。

 

お金持ちでも貧乏でも関係なくFXは誰でも始めることができますが、お金が無ければ始めることすらできずに強引な取引は生活資金すら失うことになるのですから。

 

 

 

Leave A Message

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook