FXプラネット

LINE証券の始め方を解説!! 初心者がLINE投資をすべき3つのメリット

844 views
LINE証券の始め方を解説!! 初心者がLINE投資をすべき3つのメリット

 

LINE証券での投資取引のやり方

LINE証券で口座開設が完了すると、取引をいつでも始められます。

 

しかし、実際に資金を運用するには、投資する銘柄(企業)を決めなくてはいけません。

「どの銘柄にするのが良いのか?」というのは投資初心者が必ず悩むポイントですが、求める利益やあなた知っている企業などによって千差万別。

 

安定している企業であれば、価格の変動も起こりづらく安定的な運用が可能ですが、大きな利益は期待しづらく、逆に安定性に欠けている企業なものの将来性がある場合は、大きく価格が上昇し、利益が膨らむ可能性も秘めています。

 

ただ、最初から利益を求めると損失が膨らむ可能性の方が高くなりますので、まずはあなた好きなジャンル(ゲームや化粧品、機械メーカー等)といった企業を選択することをオススメします。

 

銘柄(投資先)の検索方法

LINE証券での取引方法引用元:note

虫眼鏡のアイコンをタップすると、「3,000円以下で買える銘柄」「値上がり率」といった他の投資業者にない初心者に優しく、分かりやすい有望な銘柄を検索することが可能になっています。

 

あなたが好きなジャンルで銘柄を選ぶといった方法以外、あなたが運用する資金で購入可能な銘柄の検索、今後の銘柄の期待値(値上がり率)といった要素の様々なカテゴリーから、気になる銘柄を探してみましょう。

 

そして、気にある複数の銘柄候補に出し、銘柄の左にあるプラスボタンをタップ。銘柄が「お気に入り」に登録されますので、トップ画面からいつでも選択した銘柄の状態を把握可能になります。

 

資金を入金する方法

LINE証券への入金方法

LINE証券で投資するためには資金を入金しなければいけませんが、入金方法は2通りあります。

 

入金方法①「LINE Pay」

LINEPayでの入金方法

LINEPayでの入金方法は、LINE証券画面右下にある「メニューアイコン」をタップしてメニューを表。そして、「入金」を選択するだけです。

 

あとは、実際に入金したい金額を入力すれば、あなたのLINEPayアカウントから入金することができます。ただ、LINEPayから入金するためには、事前にLINEPayに登録してアカウントのタイプを「LINE money」に変更する必要がありますので、注意しましょう。

 

アカウント対応の変更には本人確認が必要になります。

 

入金方法②「銀行口座」

LINE証券の銀行入金方法

銀行からの入金方法も簡単です。

入金額を入力し、画面上部にある「LINEPayから入金」をタップすれば、入金方法の選択が可能になります。

 

リストで表示される入金方法から「入金専用口座」を選び、表示される銀行口座宛に入金額を振り込めば、運用資金の入金は完了となります。

 

 

初心者が覚えるべき基本的な使い方(買い方)

LINE証券の売買方法

運用する資金の入金を済ませたら、実際にその資金を使ってあなたが決めた銘柄(企業)を購入しましょう。

 

売買方法は簡単で、まずは銘柄詳細ページにアクセスしましょう。その後、株価や業績を確認。

「買う」ボタンをタップして購入する株数を入力すればOKです。

 

もしも残高が足らない場合は再度入金する必要がありますが、利用しているLINEPayの残高や銀行口座からすぐに入金が可能で、取引は平日の21時まで可能となっています。

 

LINE証券で売買可能な銘柄

■国内ETF(上場投資信託)15種類(証券コード 銘柄名) 
1306 TOPIX上場 ETF
1309 中国株式50ETF
1321 日経225ETF
1343 東証REIT ETF
1357 日経Wインバース ETF
1482 米国債7-10年ETF
1540 金ETF
1545 ナスダック100 ETF
1546 NYダウETF
1552 VIX短期先物ETF
1570 日経レバレッジ ETF
1655 S&P500ETF
1678 インド株式50ETF
1699 原油ETF
2522 ロボットETF
■日本の有名企業200社(証券コード 銘柄名)
1332 日本水産
1605 国際石油開発帝石
1801 大成建設
1925 大和ハウス工業
1928 積水ハウス
1951 協和エクシオ
2120 LIFULL
2121 ミクシィ
2127 日本M&Aセンター
2157 コシダカHD
2181 パーソルHD
2229 カルビー
2267 ヤクルト本社
2269 明治HD
2296 伊藤ハム米久HD
2317 システナ
2326 デジタルアーツ
2371 カカクコム
2412 ベネフィット⋅ワン
2413 エムスリー
2432 ディー⋅エヌ⋅エー
2501 サッポロHD
2502 アサヒグループHD
2503 キリンHD
2587 サントリー食品インターナショナル
2593 伊藤園
2670 エービーシー⋅マート
2702 日本マクドナルドHD
2768 双日
2802 味の素
2811 カゴメ
2897 日清食品HD
2914 日本たばこ産業
2931 ユーグレナ
3038 神戸物産
3048 ビックカメラ
3064 MonotaRO
3088 マツモトキヨシHD
3092 ZOZO
3099 三越伊勢丹HD
3197 すかいらーくHD
3289 東急不動産HD
3382 セブン&アイ⋅HD
3402 東レ
3407 旭化成
3479 ティーケーピー
3543 コメダHD
3563 スシローグローバルHD
3668 コロプラ
3679 じげん
3697 SHIFT
3769 GMOペイメントゲートウェイ
3861 王子HD
3923 ラクス
3926 オープンドア
3932 アカツキ
3966 ユーザベース
3990 UUUM
3993 PKSHA Technology
4005 住友化学
4063 信越化学工業
4188 三菱ケミカルHD
4307 野村総合研究所
4324 電通
4344 ソースネクスト
4348 インフォコム
4384 ラクスル
4385 メルカリ
4452 花王
4502 武田薬品工業
4565 そーせいグループ
4578 大塚HD
4587 ペプチドリーム
4661 オリエンタルランド
4666 パーク24
4680 ラウンドワン
4689 ZHD(旧ヤフー)
4739 伊藤忠テクノソリューションズ
4751 サイバーエージェント
4755 楽天
4901 富士フイルムHD
4911 資生堂
4921 ファンケル
4927 ポーラ⋅オルビスHD
4974 タカラバイオ
4996 クミアイ化学工業
5019 出光興産
5020 JXTGHD
5108 ブリヂストン
5202 日本板硝子
5233 太平洋セメント
5301 東海カーボン
5332 TOTO
5401 日本製鉄
5711 三菱マテリアル
6027 弁護士ドットコム
6080 M&Aキャピタルパートナーズ
6098 リクルートHD
6146 ディスコ
6184 鎌倉新書
6235 オプトラン
6301 小松製作所
6326 クボタ
6367 ダイキン工業
6370 栗田工業
6383 ダイフク
6457 グローリー
6460 セガサミーHD
6472 NTN
6501 日立製作所
6503 三菱電機
6506 安川電機
6572 RPAHD
6594 日本電産
6645 オムロン
6752 パナソニック
6754 アンリツ
6758 ソニー
6861 キーエンス
6902 デンソー
6954 ファナック
6981 村田製作所
7011 三菱重工業
7012 川崎重工業
7013 IHI
7172 ジャパンインベストメントアドバイザー
7182 ゆうちょ銀行
7201 日産自動車
7203 トヨタ自動車
7261 マツダ
7267 本田技研
7270 SUBARU
7272 ヤマハ発動機
7309 シマノ
7412 アトム
7453 良品計画
7532 パンパシフィックHD
7545 西松屋チェーン
7550 ゼンショーHD
7564 ワークマン
7581 サイゼリヤ
7606 ユナイテッドアローズ
7616 コロワイド
7701 島津製作所
7733 オリンパス
7747 朝日インテック
7751 キヤノン
7832 バンダイナムコHD
7936 アシックス
7956 ピジョン
7974 任天堂
8002 丸紅
8031 三井物産
8035 東京エレクトロン
8050 セイコーHD
8053 住友商事
8058 三菱商事
8111 ゴールドウイン
8113 ユニ⋅チャーム
8114 デサント
8179 ロイヤルHD
8267 イオン
8306 三菱UFJ FG
8316 三井住友FG
8411 みずほFG
8591 オリックス
8628 松井証券
8750 第一生命HD
8766 東京海上HD
8771 イー⋅ギャランティ
8801 三井不動産
8802 三菱地所
9005 東急
9022 東海旅客鉄道
9024 西武HD
9041 近鉄グループHD
9064 ヤマトHD
9086 日立物流
9104 商船三井
9142 九州旅客鉄道
9201 日本航空
9202 ANAHD
9433 KDDI
9434 ソフトバンク
9437 NTTドコモ
9474 ゼンリン
9501 東京電力HD
9531 東京ガス
9602 東宝
9603 HIS
9616 共立メンテナンス
9681 東京ドーム
9684 スクウェア⋅エニックス⋅HD
9697 カプコン
9735 セコム
9766 コナミHD
9843 ニトリHD
9861 吉野家HD
9983 ファーストリテイリング
9984 ソフトバンクグループ
引用元:LINE

現在の銘柄は他の証券会社に比べるとかなり少ないですが、今後の利用者増加を踏まえ、購入可能な銘柄も増えていくと思います。

 

ただ、銘柄は少ないものの、普通の株式投資と比べて購入枚数が決まっていないのは、投資初心者にも参入しやすく、運用が容易な理由です。

 

本来の株取引では最低単元数が決まっています。

つまり、購入するにあたって「最低でも100枚は買ってください」というような制限がなく、好きな枚数を購入することができるので、普通の株式取引に比べると少ない資金から運用できることがLINE証券の強いになります。

 

ETFとは?

ETFとは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の特定の指数や商品の先物価格等の値動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。 ETFは株と同じように取引所で取引がされており、株と同じように取引することができます。

 

Review & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] NISAやiDeCoといった初心者向けの投資から、最近では運用経験のない人でも簡単に投資できるLINE証券とといった本格的な運用をする試みている人以外にも誰にでもできるほど簡単に知識を吸収できる資産運用が盛んになっています。 […]

Leave A Message

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook