年収1000万を稼ぐ思考で「働く時間」を減らして年収を上げる

397 views
年収1000万を稼ぐ思考で「働く時間」を減らして年収を上げる

「年収を今よりも上げたい!」と思った時に、多くの人がやってしまう失敗は時間で稼ぐという選択です。

 

もちろん、アルバイトでお小遣い程度の金額を稼ぐのであれば休日を利用したり、仕事終わりの数時間を副業の時間として使ってもいいでしょう。しかし、どうせ年収を上げるならお金持ちへの壁の1つである年収1000万を超えるぐらいは稼ぎたいもの。

 

アルバイトでは多くても毎月3万円〜5万円程度でしょうし、年収は上がりますが休みなく働くというような自分の時間を切り売りする働き方では、心の余裕に対して貰えるお金は割に合わないと感じることが多くなります。

 

では、単純労働以外の柔軟な思考で「年収を上げる方法」を考えた時には何が見えてくるでしょうか。また、思考を変えた時にあなたはどのような行動を取れば良いのか。

 

今回の記事では年収1000万円を目指すために必要な思考と考え、そして多くの人が行動しても年収が増えない理由をお伝えしていきます。年収を今よりも多くしたい人は、まず考え方自体を変え、失敗しないような効率の良い行動を取れるようにしましょう。

 

1人で「時間を使って稼ぐ」と限界がある

労働時間の限界

「年収を上げる方法」は多くあります。

冒頭でも説明したように労働という形で自分の時間を切り売りして働くアルバイトや残業時間を増やすというやり方など様々です。ただ、働き方改革の影響で残業ができなくなった人にとっては、今まで残業で得ていたお金がなくなるので痛手になりますよね。

 

海外の企業の場合、日本と違い残業をする人は勤務時間内に仕事を終わらせられなかった人と思われるため、多くの人が勤務時間内に仕事を終わられて定時に帰宅します。そういった意味で日本のサラリーマンは怪奇な目で見られがちですが、年収を上げるためのプロセスはいってしまえば、成果を出し、資格を取り、昇進や転職するというような流れで、多くの人が年収を上げたいと考えて選択する方法は、こういった流れや行動が多くなっています。

 

仮にアルバイトや残業など今すぐに狙える年収アップを考えた場合、せいぜい増える年収は30万〜100万円程度でしょう。それで充分だと感じるならそのまま働くのも1つですが、もう少し考え方を柔軟にすれば他の方法も見えてきます。

 

なぜなら、あなた一人が働ける時間には限りがあるからです。

残業やアルバイトで労働時間を増えやせは収入は増えますが、精神的にはとてもすり減ります。その分休める時間がなくなるので、肉体的にも精神的にも疲労は貯まる一方。そして、仮にそういった副業を辛抱強く続けたとしても、あなた一人が働ける時間は限りがあります。

 

24時間働くというのは無理ですし、睡眠時間を削ってまで深夜遅く働いては本業の仕事に支障が発生するので、逆にミスの多発や仕事の遅れで収入を増やすという目的の逆効果になるでしょう。

 

では、どうすればいいのか。

それはあなたが働くのではなく、他のものに働いもらう必要があります。

 

あなたが働くのではなく、「人・お金・情報・モノ」を使う

年収を1000万の労働

あなたが直接働く以上、費やせる時間には限界がありますよね。

それなら、あなた自身が働くのではなく何かに間接的に働いてもらう必要があります。

 

具体的は4つ方法があります。

  1. 人(他人)に働いてもらう
  2. お金に働いてもらう
  3. 情報に働いてもらう
  4. モノに働いてもらう

この4つは経営者やフリーランスで働く自営業の人が行う方法にもなります。

 

人に働いてもらうというのは、事業を興して従業員を雇うというような形になります。給料を働いてくれた人に支払う必要はありますが、それ以上の利益が発生するのならまずは一人でもいいので従業員を雇って、本業である仕事の合間や終了時点で依頼した仕事の確認や指示を飛ばすというものです。

 

先行投資になる人が多くなるかもしれませんが、長期的に見て利益になるのなら人に投資して収入源を増えやしてもいいかもしれません。

 

2つ目はモノに働いてもらう方法。

モノとは、不動産投資などです。

 

不動産を所有していれば、賃貸料金を得ることが出来るので所有しているだけで安定的に収入を得ることができます。今は初期費用が必要ないゼロ円から融資で始めることができる不動産物件も増えていますので、不動産投資といったモノに投資して利益を継続的に狙うことができれば、ノウハウとも一緒に貯めることができるので、規模を拡大して生涯的に大きな所得を手に入れることが可能になります。

 

3つ目はお金に働いてもらう方法になります。

「お金にどうやって働いてもらうの?」と首をかしげるかもしれませんが、株式投資やFX投資などのことです。他にも純金積立といった少額から始められる運用方法投資信託といったプロに任せる投資と数多く存在しています。

 

少ない資金でも時間を使って複利運用することで、雪だるま式に大きくなっていくため、あなたが働いている間や寝ている間もお金に働いてもらって利益を狙っていきましょう。

今は銀行に預けていても年利が0.001%とかなり低いので、お金の預け先を変えるという認識で長期的に運用していければバカにならない利益を生み出してくれます。

 

最後の4つ目は情報に働いてもらう方法。

これは書籍の出版や情報商材の販売などになります。今はnoteや電子書籍といった誰でも情報を販売することができるようになっているので、あなたが考えた物語や人生のノウハウ、資格を使って簡潔にまとめた情報を売ることも可能です。

これは一度書いてしまえばアマゾンや楽天、ブログといった違う媒体でも収入を得る流れがあるので、誰でも気軽に始められるオススメの方法になります。

 

 

昇進・転職を狙って「資格取得や勉強」する方法も?

あなたが勤めている会社が、能力次第で昇進できたり給与の額が増えるのであれば、今の仕事に活かせる勉強を学習したり資格を取得するのもいいかもしれません。

昇進や転職を目指す

昇進すればあなたが扱える仕事や部下に割り振れる仕事も増えるため、時間と経済的な余裕が生まれます。

 

先程お伝えした「お金に働いてもらう方法」は、いわゆる投資になりますが、なにも資産運用や株式投資といったイメージの投資だけではありません。

それはあなた自身への投資だということです。

 

確かに年金をはじめとする社会保障への不安は年々広がっていますので、資産運用は大切ですが、それでも自分自身への自己投資もあなたの年収に大きく影響します。

 

今働いている仕事に関係している資格を取得すれば、あなたが出来る仕事が増えるので収入を伸ばせる可能性もありますし、転職に役立つ資格を取得することもいいでしょう。

 

資格で年収が大きく変わることも多くありますし、昇進への足がかりになります。

あなた自身が今求めているものに役立つ、あるいは勤めている会社で求められているものを学んで活かせることができれば、年収を増やすことは難しくないはずです。

 

ただ、闇雲の勉強したり資格を取得しようとすると、いたずらに時間を浪費して無駄な努力になってしまう可能性もあります。特に社会人は限られた時間のなかで学習する必要がありますので、計画性と戦略性が重要になってきます。

 

時間の限られた社会人の学習ポイントは、コストパフォーマンスが大切です。

特に目的もなく勉強していると、勉強しているという気分や成長しているかのような勘違いをしてしまいますが、得られるのは雑学だけ….という結果になってしまいますので、実生活に役立つ学習をすることで昇格や昇給を狙うべき方向性は3つあります。

 

  1. 転職に役立つ資格
  2. 昇進・昇給に繋がる資格
  3. 社会人基礎力向上

 

転職に役立つ資格というのは言葉通りで、労働環境・労働賃貸を最も手っ取り早く改善する方法。

特に同じ職種であれば重宝される企業も多く、必要な資格も取得していれば労働環境だけではなく年収という意味で人生で見てみれば大きな改革でしょう。

 

収入アップやキャリアアップに繋がりやすい「簿記」や独立も目指すことができる法律系などの資格はオススメですが、難易度も高くなるのでまずはあれば多少有利になるという程度の資格から取得していってみるのはいかがでしょうか。

 

2つめは昇進・昇格に関する資格です。

こちらは労働環境の変化はありませんが、資格を取得することでできる仕事の幅も増えるため色々な企画に参加する過程で年収を増やすことができます。

年収1000万を超えるサラリーマンの多くは企画を成功させ、会社側に有能だとアピールすることで昇進するといった流れや仕事ができるという事を証明できるため、利益をさらに出すことが可能になるような資格であれば、会社があなたを手放す(解雇)する可能性はグッと低くなります。

 

3つめの社会人基礎力向上というのは、社会人の基礎を向上する学習のことです。

経済産業省は、2006年に発表した「社会人基礎」を改良して人生100年時代という、今の時代ならではの切り口や視点で3つの能力に分類した12の能力要素を掲げています。

  • 主体性・働きかけ力・実行力
  • 発信力・傾聴力・柔軟性・情況把握力・規律性・ストレスコントロール力
  • 課題発見力・計画力・想像力

これらを1つ1つ改善していくことは難しいですが、社会人基礎力を向上させるための必要な勉強は書籍から学ぶ方法と人から学ぶ方法があります。

 

書籍から学ぶ方法はコスパがいいですが、実際に実行しないと身につきませんし、理解するまでに行動が伴うので時間がかかるかもしれません。もちろん、書籍への投資は比較的誰にでもできる安価な方法ですので、身に付けたあとに古本屋に売って新しい本を購入するのもいいでしょう。

 

人から学ぶ方法は勉強会社やセミナー、あるいは上司から知識や行動を吸収するのがいいでしょう。見て覚えるため理解はしやすいですが、詳しく解説されないため人によって成長スピードが異なるのが何店です。

 

年収を増やすために必要なのは時間か?労働か?

社会人になると働く時間が増え、細かい将来への行動ができなくなります。

一生同じ会社で働く事が難しくなっている昨今では、資格や転職を考えている人は多くいますが、年収を上げるという考えで資格やスキルアップに自己投資できる大人も少なくなっています。

 

だからこそ、1日に10分でもいいのであなた自身が活かせるものを見に付けていくようにしてください。

また、睡眠を取らないのなら話は別ですが、食事をしたり睡眠をとったりとあなたが働ける時間にも限界があります。効率という意味ではスキルアップや転職という視野もいいかもしれませんが、銀行に預けている資産を運用して不動産や投資にまわすというのもまた違った視点での年収の上げ方です。

 

「自分が働く」という固定観念に縛られていては、大きな成果を手にすることはできません。人生で叶えたい目標があるなら、一旦固定観念をすべて捨てたうえで、ゼロベースで考えることが大切だと認識しましょう。

         

Leave A Message

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook